HISTORY

PATRICKについて

PATRICKについて

「PATRICK」の理念は、誰もが履いていて楽しくなるような。心地よい靴作りです。本来、スポーツシューズは機能性だけ重視したものですが、日本製「PATRICK」は、そこにカジュアルテイストを加味しました。デザイナーは、スポーツシューズに無縁であったカラフルな色使い、さまざまなマテリアルを素材に使用し、PATRICK を表現します。
いつの時代においても流行に左右されることのない、洗練された大人のファッションを表現するブランドとして、上陸当時のキャッチコピー「足元のメークアップ」を現在も忠実に受け継ぎ、自由で心地の良いライフスタイルを提案し続けていきます。

カタログ年表

1892

西仏プソージュ村にて靴職人 パトリックベネトーが靴作りをスタート。

1954

1965

1978

PATRICK 日本上陸

1982

1990

国内生産モデルの販売開始

1994

1995

1997

1998

1999

2000

2001

2002

2003

2004

2005

2006

2007

2008

2009

PATRICK 初の直営店「PATRICK LABO
GINZA」OPEN

2013

直営店2 号店「PATRICKLABO KOBE」
OPEN